原瀬上原遺跡の写真

原瀬上原遺跡は、原瀬川左岸、標高270メートルの台地上に南北400メートル、東西150メートルの広大な範囲で立地している。

昭和43年の調査で縄文中期の竪穴式住居跡18軒が発掘された。
当遺跡は県内で最初に縄文時代集落跡として確認され、大部分の住居に複式炉を伴うこと、主柱が3本であることなど学術上価値が高い重要な遺跡である。
指定区域面積32619平方メートル。
なお、現在3棟の住居が復元されている。(但し、2棟は現在立ち入ることは出来ない。)

アクセス

案内板・写真(クリックで拡大)
原瀬上原遺跡の案内板写真

場所:二本松市原セ日照田

大きな地図で見る

お問い合わせ

二本松市役所文化課
TEL:0243-55-5155