供中口古戦場の写真

供中口(ぐちゅうぐち)古戦場は、戊辰戦争時に、二本松藩の農兵指令士・三浦権太夫義彰は、老兵・農兵、そして少年隊の一部を率いて出陣したが、勝敗の帰結は早く、「あす散るも色は変らじ山桜」と辞世の一句を残して、独り壮烈な自刃をとげた場所です。
また近くには千人供養碑があります。

その他の供中口古戦場の写真

供中口古戦場の写真

供中口古戦場案内板の写真

三浦義彰戦死の地碑の写真

供中口古戦場の写真

所在地


供中口古戦場の場所(クリックすると大きな地図で見られます。)

関連項目